spinet スピネット

 espineta  spinetta  epinette  

スペイン語       イタリア語  フランス語

グランドピアノ型の物をチェンバロ、弦が真横に張ってあるものはヴァージナルとすると、弦が斜めに張ってあるのがスピネットです。 弦が斜めであるために、弦長がある割には部屋に置きやすいです。 この写真の様にベントサイドのあるものはベントサイドスピネットと呼びます。

 

Ottavino spinet オッタヴィーノスピネット

1オクターブ高い小型の楽器

Bentside spinet

ベントサイドスピネット

HH~f3

比較的小型だが、音は大変大きい。

このベントサイドスピネットはふたを閉めた状態で譜面台をセットできるようになっています。

Small English bent-side Spinet

 

 このようなスピネットはイギリス以外にもあるが、イギリスに特に多かった。 弦は鍵盤に対して斜めに張られている。 右のサイドがチェンバロの様にカーブしているので、ベントサイドスピネットと呼ばれることが多い。 また、この名称を用いれば、16世紀のイタリアのspinettaと混同することもない。

 写真の小型の楽器の一番長い辺(これをスパインspineと呼ぶ)は154㎝あるが、この辺を壁につけると部屋に収まりやすい。 これに対して右のサイドが直線となっているものはTriangular Spinetと呼ばれる。 

 

なお、この楽器は415-440Hz、アフリカの硬い木でできている。 

 

 

Large bent-side spinet

大型ベントサイドスピネット

FF,GG~f3   試作品

5 octave benstside spinet

5オクターブ・ベントサイドスピネット