歌詞の研究室

今まで取り上げた歌詞を掲載しています。 不正確な解釈があるかもしれません。

お気づきの点等ございましたら、何なりとお知らせください。

 

Antonio Caldara (1670-1736)

ORATORIO  Maddalena ai piedi di Cristo   ca.1698

 

 Voglio piangere   

 Sin che frangere                   

 Possa il nodo che mi lega.                   

 Sempre il cielo   

 Apparve amico                     

 A’ desiri, a’sospiri                   

 D’un alma che prega             

 

Voglio piangere  私は泣きたい。  

 

補足 voglioの発音について

gliのあとに母音が無ければʎi  (ʎ 逆さのY)  gliのあとに母音があればʎという子音だけとなります。 従って、glioはgliが子音を現し、それにoが付いて「リョ」と子音一つと母音一つよりなる音となります。

従って、voglioの音節は2音節であり、楽譜と合います。 

 

Sin che frangere  (frangere 壊す) sinはsinoです。 sinoはfinoと同じく、~までを表わす。 やや文語的表現だが、子供を叱る時に現代でも使うそうです。 「食べ終わるまで遊びに行ってはだめだ。」等。

従って、Sin che frangereで「壊れるまで」という意味となります。  

Voglio piangere   Sin che frangereで「私は壊れてしまうまで泣きたい。」となります。

 

Possa il nodo che mi lega. (legare 結びつける、しばりつける) 音楽で用いるlegatoはこのlegareのgerundio(現在分詞)   

Possaはpotereの接続法現在3人称単数形「~できますように。」 Possaの後に不定詞があれば~できますように、という意味だが、その動詞がない。 意味不明のまま「私をしばりつける結び目が~できますように。」で終わっている。

 

Sempre il cielo Apparve amico (apparire 現れるのpassato remoto遠過去)  「いつも空が友の様に思われた。」 これは挿入句であり、前後の文と関係ない。 

 

 A’ desiri, a’ sospiri 願いに、そして、ため息に、これは前のche mi legaに続くものと思われる。 従って、「願いに、そしてため息に私をしばり付けているその結び目が~できますように。」 

 

 D’un alma che prega   (pregare 祈る) almaはanima(魂)と同じだが、詩において用いられる。   

 

挿入句を除いて、Possa il nodo che mi lega  A’ desiri, a’ sospiri D’un alma che prega 全体では、文字通り訳すと  「祈りをささげる(私の)魂の願望とため息に私をしばり付けているその結び目が・・・(ほどけますように?)」と言ったところか。 

 

 

 

 Griselda 1721  Alessandro Scarlatti (1660 - 1725)    Libretto; Apostolo Zeno 1701

 

Atto secondo    'Figlio! Tiranno! Oh Dio!'

 

          

Figlio!(息子に) Tiranno!(Ottoneに) Oh Dio!   息子よ、暴君よ、ああ神様  

 

dite che far(e) poss(o)'io?    私に何ができると言うの?

diteはdireのvoiに対する命令法

Tiranno,Tiranno   この暴君(Ottoneに対して)

l'amor(e) di madre amante   愛にあふれた母の心は

 

mi squarcia in petto il cor,    私の胸を、心を引き裂く、

squarciare引き裂く

ma il cor(cuore) troppo costante, しかし、平穏な心は

 

così squarciato ancor   この様に引き裂かれていても

squarciato=squarciareのp.p過去分詞

vince il suo affanno.   その苦悩に勝つ。

vincere勝つ vinceの主語は遡って最初の3人称単数'il cor'

 

 

 

 

 

   TOURDION

 

  Publié en 1530 par P. Attaignant

 

 

Soprano

 

次の一つの行が楽譜の4小節に対応する。 楽譜をお持ちの方は4小節単位に区切りを書き込んでみましょう。

 

Quand je bois du vin clairet,

私がクラレットワイン(ボルドーの赤ワイン)を飲むと、

When I drink claret wine, 

 

Ami tout tourne, tourne, tourne, tourne,

友よ、すべてが廻る、廻る、廻る、廻る

my frined, everything goes round and round and round, 

 

Aussi désormais je bois Anjou ou Arbois,  

今度はアンジュ―か、アルボワワインを飲もう

From now on I’ll drink (wine of) Anjou or Arbois,

 

Chantons et buvons, à ce flacon faisons la guerre,

歌って飲もう、このボトルをやっつけよう

Let’s sing and drink, on this bottle let’s make war,

 

Chantons et buvons, les amis, buvons donc!

歌って飲もう、友よ、さあ飲もう!

Let’s sing and drink, my friends, let’s drink up!

 

「このボトルをやっつけよう」、と訳しましたが、ワインを飲んで戦争へ行く意味とかけているかもしれません。 vin clairetはボルドーの赤ワインです。 このワインはイギリスで大変好まれ赤ワインの代名詞となり、あるいはその赤紫色を意味することとなりました。 普通、英語ではclaret wineと呼ばれますが、時としてフランス語のスペルで登場するようです。 日本でもクラレットワインと呼ばれるようですので、訳では英語からのクラレットワインとしました。

 

Alto

 

Le bon vin nous a rendu gais,

良いワインは私たちを陽気にする、 

Good wine renders us merry, 

 

chantons, oublions nos peines, chantons!

歌おう、私たちの苦しみを忘れよう、歌おう

Let's sing, forget our sorrows, let's sing!

 

En mangeant d'un gras jambon

脂っこいハムを食べながら、

While eating of a fat ham,

 

Tenor

 

Buvons bien, là, buvons donc,

良く飲もう、さあ飲もう

Let ‘s drink well, drink now,

 

Bass

 

Buvons bien, buvons mes amis trinquons,

良く飲もう、飲もう友よ、乾杯しよう、

Let us drink well, drink my friends, clink glasses,

 

buvons, gaiement chantons!

飲もう、楽しく歌おう

Let’s drink, merrily let’s sing!

 

 

Menuet - Deuxième menuet

Alcione 1706 Paris  

Marin Marais (1656~1728)

 

 

カッコ内のスペルは現在のスペルを示します。

                                                                 

 

Une bergere        Menuet                                                                                                 

 

Le doux Printemps ne paroist (paraît) pas sans flore,

穏やかな春は花なしには現れない

L’aimable Paix ne vient point sans L’amour ;

              愛するに値する平和は愛なしにはやってこない

dans ce beau Jour que d(’)ardeurs情熱 plで恋の情熱 vont Eclore

              この美しい日になんとたくさんの恋の情熱が花開くことだろう

l’amour et la Paix se prestent (prêtent) mille attraits.

              愛と平和は互いに千もの魅力を貸し与えあう

 

 

 

Une bergere        2e Menuet                                                                                                               

 

Pour nos hameaux小さな集落quitte Cithere (Cythère),

              私たちの村のためにキティラ島を離れてください

(キティラ島を離れて私たちの村に来てください)

Chament (Charmant) Amour garde nous tes faveurs ;

    魅力的な愛の神よ、あなたの特別のはからいを私たちにとっておいてください

fais nous aimer de qui sçaura (saura) nous plaire

              私たちを愛させてください、私たちが気に入ることのできるような人に

d(’)un seul trait blesse toujours deux coeurs.

           いつも二つの心を(愛の矢で)一気に傷つけてください

 

L'Olimpiade 1734  Antonio Vivaldi 

Act III scene 3   Aria di Megacle      “Lo seguitai felice

 台本 Pietro Metastasio, ピエトロ・メタスタージオ (1698~1782) イタリアの詩人、劇作家

Megacleメガークレ(アテネの選手)

Licidaリチーダ(クレタの王子)

メガークレがリチーダへの友情を誓っているところ

 

Lo seguitai felice

        seguitareseguire(follow従う)の古い形のpassato remoto(遠過去)の一人称

              動詞が活用している時はlo(彼を)は動詞の前に置かれる。

quand'era il ciel sereno,

alle tempeste in seno(胸)

voglio seguirlo ancor.

              seguire=follow  動詞が不定詞の時はlo(彼を)は動詞の後に続けて書かれる

 

Come dell'oro il fuoco

scopre le massemassaかたまりの複数) impure(ピュアでない),

              scopre=scoprireさらけ出す の三人称単数現在 

scoprono le sventuresventura不幸の複数)

              scoprono=scoprireの三人称複数

de' falsi amici il cor.

 

 

 

 

 

 

Psyché  (tragédie lyrique)

Jean-Baptiste Lully 

 Air de Flore, Nimphe, 2e nimphe/ 3e nimphe 

 

 

 

 

 

Recit de Flore Prologue

Ce n'est plus le temps de la Guerre ; ne plus~;もう~でない。 もう、戦いの時でない、

Le plus puissant des Rois 王の中の一番強い人(ルイ14世)は 

   le plus puissant = the strongest 形容詞が名詞化されている。

Interrompt ses Exploits 武勲(軍隊による功績)を中断します、

Pour donner la paix à la Terre.   大地に平和を与えるために。

Descendez, Mère des amours, Mère des amoursに呼びかけている

Venez nous donner de beaux jours.   de beaux jours deは部分を表す用法

「愛の母よ、降りてきてください、私たちに美しい日々を与えるために。」

 

Nimphe Act deuxième

Aimable jeunesse, 愛すべき若い人よ、

Suivez la tendresse, 優しさについて行きなさい、(そして)

Joignez(joindre) aux beaux jours 愛の甘さをこの美しい日に付け加えなさい。

La douceur des Amours.    

C'est pour vous surprendre それはあなたを驚かすためです、

Qu'on vous fait entendre (que以下)人々があなたに言って聞かせるのは

Qu'il faut éviter leurs soûpirs (que以下)愛のため息を隠し

Et craindre leurs desirs. 愛の欲望を恐れなければならないと言う事を。

Laisses-vous apprendre

(Laissez vous apprendeなら「あなたに分からせる」だがハイフンがあると意味が分からない。)

Quels sont leurs plaisirs. 「愛の喜びとはどのようなものか、を学びなさい。」 という意味?

 

2e nimphe/ 3e nimphe

Chacun est obligé d'aimer だれもが、恋に落ちる事になっている

A son tour, 順番に

Et plus on a dequoy charmer, plus~,plus~   より魅了するものを持っている人は

Plus on doit à l'Amour.   より愛の神に負っている。

2e nimphe

Un coeur jeune et tendre 若くて優しい心は

Est fait pour se rendre, se rendre ;~のために作られている。

「若くて優しい心は愛されたら、愛し返すように出来ている。」

Il n'a point à prendre avoir à (=have to)にneとpointが付いている。

De fâcheux détour. 回り道をする必要は少しもない。

3e nimphe

Pour quoy se défendre? 不定詞だけで、「何のために自分を守るのか?」

Que sert(servir)-il d'attendre? 非人称のilで 「待っていて何になるのだ。」

Quand on perd un jour, 一日を失うのに、

On le perd sans retour. 帰って来ない一日を失うのに。